検索結果

ケーブルプラス電話ご利用ガイドについて
以下のリンクよりご確認いただけます。
ケーブルプラス電話サービスのご利用方法やご利用開始後に困ったことがあったときの対応など各種お手続きの方法をご案内しています。
■ケーブルプラス電話ご利用ガイド Ver15.6(PDF) 2020年9月1日現在
住んでいるマンションがケーブルテレビに対応しているか分かりますか。
料金シミュレーションのページよりご住所で検索可能ですので、ぜひご活用ください。
ただし、お建物の導入状況によってご利用いただけるサービスが異なります。
>>>料金シミュレーションはこちら

また、お住まいのお建物がケーブルテレビに対応している場合、テレビのチャンネルを地デジ10ch・11chに合わせていただくと弊社コミュニティチャンネルをご視聴いただけます。弊社サービスエリア外からお引越しされた場合は、お持ちのテレビでチャンネルスキャンがされておりませんと、コミュニティチャンネルがご視聴いただけない場合がございますので、ご確認ください。
集合住宅でもケーブルプラス電話に加入できますか。
TCNネットまたはTCN光ネット対応の集合住宅であれば、ご加入いただけます。
お住まいの集合住宅の対応状況については、料金シミュレーションからご確認いただくか、お客様センターTEL0800-123-2600*無料*(9:30~18:00/日・祝休み)へお問合せください。
>>>料金シミュレーションはこちら
【光電話】電話の受発信ができません。どうしたらよいですか。
お手数ではございますが、以下の順にてご確認をお願いいたします。

(1)お住まいのエリアでメンテナンス・障害情報が出ていないかご確認ください。メンテナンス・障害情報は、TCNからの「メンテナンス情報」「障害情報」のページでご確認いただけます。
>>>「メンテナンス情報」「障害情報」はこちら

(2)光通信端末(D-ONU)のランプ状態と配線をご確認ください。
・光通信端末(D-ONU)や電話用端末(HGW)のランプがすべて消灯している場合
光通信端末(D-ONU)、電話用端末(HGW)へ電気が供給されていません。各機器のコンセントが正しくささっているかご確認ください。

・光通信端末(D-ONU)のLAN2ランプが消灯している場合
光通信端末(D-ONU)と電話用端末(HGW)が接続できていません。光通信端末(D-ONU)側面のLAN2ポート側と電話用端末(HGW)背面の電話機ポート側の両端とも、LANケーブルがきちんと差し込まれていることをご確認ください。
電話用端末(HGW)へ電気が供給されていません。電話用端末(HGW)のコンセントが正しくささっているかご確認ください。

(3)(光通信端末(D-ONU)・電話用端末(HGW)を含む)通信機器のリセット作業をお試しください。
 ※リセット作業中は、TCN光ネットおよび光電話の受発信ができなくなりますのでご注意ください。

【光通信端末(D-ONU)・電話用端末(HGW)のリセット方法】
1. 電話用端末(HGW)背面の電源コードを抜きます。
  TCN光ネットご利用中のお客様でルーターやHUBをご利用されている場合は、ルーターやHUB背面の電源コードも抜きます。

2. 光通信端末(D-ONU)背面の電源コードを抜きます。光通信端末(D-ONU)正面ランプが消灯したことをご確認ください。

3. 光通信端末(D-ONU)側面のLAN2ポート側と電話用端末(HGW)背面の電話機ポート側の両端とも、LANケーブルがきちんと差し込まれていることをご確認ください。
  TCN光ネットご利用中のお客様は、光通信端末(D-ONU)側面のLAN1ポート側とルーター側(もしくはPCやHUB)の両端とも、LANケーブルがきちんと差し込まれていることをご確認ください。

4. LANケーブルの配線の確認が終わりましたら、光通信端末(D-ONU)の電源コードを挿し直して、前面のランプの点滅がおさまるまでお待ちください。(センター側と接続するまで、2~3分ほどお待ちください。)

5. 電話用端末(HGW)背面の電源コードを挿し直します。(光通信端末(D-ONU)と電話用端末(HGW)間で接続が確立するまで、2~3分ほどお待ちください。)
  TCN光ネットご利用中のお客様でルーターやHUBをご利用されている場合は、ルーターやHUB背面の電源コードを挿し直します。
  
6. 最後に電話の受発信ができるかご確認ください。

以上の点をご確認いただいたうえ、改善されない場合やお分かりにならない場合には、お客様センターTEL0800-123-2600*無料*(9:30~18:00/日・祝休み)へお電話ください。
【TCN電話】電話の受発信ができません。どうしたらよいですか。
お手数ではございますが、以下の順にてご確認をお願いいたします。

(1)お住まいのエリアでメンテナンス・障害情報が出ていないかご確認ください。メンテナンス・障害情報は、TCNからの「メンテナンス情報」「障害情報」のページでご確認いただけます。
>>>「メンテナンス情報」「障害情報」はこちら

(2)ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のランプ状態と配線をご確認ください。
・ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のランプがすべて消灯している場合
ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)へ電気が供給されていません。コンセントが正しくささっているかご確認ください。

・ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のPOWERランプだけ点灯している場合
同軸ケーブルがきちんと接続されていません。同軸ケーブルがケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)へきちんとつながっているか、テレビ端子口の同軸ケーブルが外れかかっていないかご確認ください。

・ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のPOWERランプ・CABLEランプは点灯しているが、STATUSランプが緑点滅している場合
ケーブルプラス電話回線への開通前ですので、開通までお待ちください。

・ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のCABLEランプが点滅(消灯)している場合
下記(3)の【ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のリセット方法】をお試しください。

(3)ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のリセット作業をお試しください。
【ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)のリセット方法】
1. ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)背面の電源コードを抜きます。ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)正面ランプが消灯したことをご確認ください。

2. 各ケーブル(同軸ケーブル/電話線)の配線がきちんと差し込まれていることをご確認ください。
  電話線については、ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)背面の電話機ポート側と電話機側の両端ともきちんと差し込まれていることをご確認ください。

3. 配線の確認が終わりましたら、ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTA)の電源コードを挿し直して、前面のランプの点滅がおさまるまでお待ちください。(センター側と接続するまで、2~3分ほどお待ちください。)
 
4. 最後に電話の受発信ができるかご確認ください。

以上の点をご確認いただいたうえ、改善されない場合やお分かりにならない場合には、お客様センターTEL0800-123-2600*無料*(9:30~18:00/日・祝休み)へお電話ください。
ケーブルプラス電話サービスの利用を開始する際に、電話機を交換する必要はありますか。(専用の電話機は必要ですか。)
電話機を交換する必要はございません。
※一部ご利用いただけない電話機(ISDN専用電話機、電話機能付インターフォン等)がございます。
ケーブルプラス電話サービスでは、キャッチホン(割込通話)は利用できますか。
オプションサービス「割込通話」をお申込みください。キャッチホン同様に通話中に別の相手から着信があった場合に、後からかけてきた相手と通話ができます。
>>>TCN電話(オプションサービス)についてはこちら
ケーブルプラス電話サービスでは、国際電話はかけられますか。
010+国番号+相手先電話番号(市外局番の先頭が0で始まる場合、最初の0を除く)で電話をかけることができます。また、海外の携帯電話に対しても、010+国番号+相手の携帯電話番号(最初の0を除く)で電話をかけることができます。
ケーブルプラス電話サービスの利用を開始する際に必要な機器はありますか。
ケーブルプラス電話をご利用いただくには、ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTAまたはHGW)の設置工事が必要です。
なおケーブルプラス電話用宅内機器(EMTAまたはHGW)はレンタル品となり、ご解約時にはご返却いただく必要がございます。
※ケーブルプラス電話用宅内機器(EMTAまたはHGW)レンタル料は、月額基本料に含まれます。
ケーブルプラス電話サービスを契約した場合、電話番号は変わりますか。
番号ポータビリティ制度により従来の電話番号を継続してご利用いただけます。
※一部の電話番号では継続してご利用いただけない場合がございます。その場合は、KDDIより新しい電話番号をご提供いたします。

お電話でのお問合せ先 CONTACT

  • お客様センター

    フリーコール 0800-123-2600 受付時間 9:30~18:00 月曜~土曜(日祝休み)

  • 時間外窓口

    フリーコール 0120-600-155 受付時間 上記の時間以外 ※日・祝日は翌営業日の対応となる可能性がございます。