SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW
秦 基博

秦 基博「Trick me」LIVE & INTERVIEW(スペースシャワーTV)



mahinaさんの声と僕の声が
重なった時の倍音感も含め、
気持ちいいなと思いながら
歌っていましたい


-約1年ぶりのニューシングル「Trick me」をリリースした秦基博。今春展開のUNITED ARROWS green label relaxingとのコラボキャンペーンのコーディネーションソングにも起用された同曲は、2019年発表のアルバム『コペルニクス』にも参加したトオミ ヨウを共同サウンドプロデューサーに迎えた大人のラブソングに仕上がった。

「今回はひとつのループに4つのコードの進行をひたすら繰り返すかたちで展開していく楽曲ができないかなというアイデアを発端に、まずはサウンドから作っていきました。自分がイメージしていたサウンドをトオミさんと一緒に膨らませて、お互い意見をどんどん交換しながら最終的に作っていきました。“Trick me”という言葉がメロディが出来た時点でサビ頭にうまくハマったので、そこから世界を広げていきました。主人公の性別もわざとあいまいにしたんですけど。ここに女性の声が乗れば、より曲の世界が広がる気がしたんです


- この曲には初の女性ゲストボーカルとして最新曲「Drive your dreams」をリリースしたばかりの話題のシンガー・ソングライター、mahinaが参加していることも話題に。

「主人公はラブソングを素直に聴けない心境にいるという語りだしが世界を広げてくれそうだと思いました。この曲自体ラブソングなんだけど、それを“聴きたくない 今は虚しく響く”と表現することを自分としては面白いなと。いろいろな解釈ができるような書き方をしたので、男性、女性、どちらの主人公をイメージするかによって聴こえ方も変わってくると思います」




-スペースシャワーTVではレコーディングメンバーを迎えた編成での「Trick me」初ライブの模様を中心とした特別番組をオンエア。

「リズムはレコーディングでは打ち込みだったので、このライブではMPCプレイヤーとしてDJ1,2さんに参加していただきました。mahinaさんの声の切なさと透明感が彩りを与えてくれたし、僕の声と重なった時の倍音感も含め、改めて気持ちいいなと思いながら歌っていました。新たな発見でしたね。mahinaさんの声が加わったことでより想像が広がる楽曲になったなと思うので、いろいろ背後のストーリーを想像して、楽しみながら聴いてもらえたら嬉しいです」


- 5月4日〈みどりの日〉には恒例のアコースティック・ライブシリーズ『GREEN MIND』を久しぶりに大自然の中で開催する。

「『GREEN MIND』はアレンジの工夫ができるのも楽しいです。アコースティックという制限を設けた方がアイデアが浮かんでくることもあったりします。当日「Trick me」もやりたいなと思っているんですけど、どう表現しようか、いろいろ考えている最中です」

Text/加治屋真美

プロフィール

秦 基博 Motohiro Hata
1980年10月11日宮崎県生まれ。2006年11月シングル「シンクロ」でデビュー。14年、映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌「ひまわりの約束」が大ヒット。5月4日〈みどりの日〉にアコースティック・ライブシリーズ「GREEN MIND」を富士を望む絶好のロケーションに恵まれた湖畔に広がる「山中湖交流プラザ きらら」にて開催。また、ラジオJ-WAVE(81.3FM)「SPARK」毎週(月)~(木)深0:00~1:00の水曜日のナビゲーターを担当。

作品紹介

秦 基博「Trick me」
LIVE & INTERVIEW

スペースシャワーTV
5/7(土)後10:00~11:00 再 →5/22

秦 基博の約1年ぶりとなるニュー・シングル「Trick me」リリースを記念して、この日のために集まったメンバーによる「Trick me」の初ライブ映像をお届け。さらに同曲にボーカルで参加した新進気鋭のシンガー・ソングライターmahinaとの対談、ライブ撮影のメイキング、過去のライブ映像で構成した特別プログラム。


番組ガイド誌「CABLE GUIDE」詳細


「CABLE GUIDE」のお申込みはこちら